◆eラーニング研究研修部会:
小野 雄一(筑波大学)、神田 明延(首都大学東京)

◆音声・映像研究研修部会:
中田 ひとみ(獨協大学)、大久保 雅子(東京大学)、久保 岳夫(早稲田実業学校)

◆教材・教授法研究研修部会:
久保田 章(筑波大学)、奥山 慶洋(白鷗大学)、今野 勝幸(静岡理工科大学)、
嶋田 和成(高崎健康福祉大学)

◆早期外国語教育研究研修部会:
入江 潤(明星学園小学校)、寺井 千景(カリタス小学校)、相田 真喜子(田園調布雙葉小学校)、麻田 美晴(カリタス小学校)

◆英語4技能試験研究研修部会:
萓 忠義(学習院女子大学)、藤永 史尚(近畿大学)、小倉 雅明(大阪大谷大学)、
鬼頭 和也(城西大学)、今野 勝幸(静岡理工科大学)、武藤 克彦(東洋英和女学院大学)、
小野 雄一(筑波大学)

◆認知科学研究研修部会:
飛田 ルミ(足利工業大学)、二瓶 マリ子(法政大学)

◆リサーチ・デザイン研究研修部会:
佐藤 健(東京農工大学)、橋本 健広(関東学院大学)

◆語彙学習・指導研究研修部会:
山口 高領(立教女学院短期大学)、平賀 優子(慶應義塾大学)、池山 和子(首都大学東京)、
木村 美由紀(東京慈恵会医科大学)、田淵 龍二(ミント音声教育研究所)

研究研修部会報告

LET関東支部 音声・映像研究研修部会 2014年度第1回研究会報告

[日時] 2014年7月12日(土)15:00~16:00
[場所] 東洋大学白山キャンパス 3号館4階3401CALL教室
[講師] 大山健一先生(東京電機大学)
[タイトル] 「連接」の現代英語教育への応用
─補償効果と相乗効果から見た日本人英語学習者における教育可能性─
 本講演では、「連接」(Juncture)に焦点を当て、日本人英語学習者の聴取手掛かりが何であるのか、またそれを踏まえた英語教育はどのようなことが考えられるのかを探ります。歴史的には「ミニマルペアを対象にしたポーズの有無による音声現象の差異」の枠組みであったものが、現代ではどのように扱うことが可能であるのかを概観します。その上で、日本人学習者に焦点化することにより、母語である日本語連接と目標である英語連接を見据えます。この目標言語においては、多くが音声・音韻習得論における習得困難な音声現象です。しかしながら、習得への影響が生じることが分かりつつあり、「連接効果」(補償効果と相乗効果)という特有の要因が考えられることを今までの研究結果から説明します。先駆者であるJones(1931)が既に明示した「1つひとつの音声現象ではなく、複数ある」点こそが連接研究の原点であり、過去から現在へという通時的な流れから現代英語教育への応用にも十二分に活用できる分野であることを提唱します。
HWB09100010.jpg

研究研修部会報告

LET関東支部 教材・教授法研究研修部会 2014年度第1回研究会報告

 『Daily English』、『BBC Understanding the News』など、多くの教材を開発してこられた小野田榮先生に、教材作成のポイントと難しさについてお話いただきました。LET関東支部第132回研究大会の中で開催しました。
[日時]2014年6月14日(土)9:45-11:05
場所:明治学院大学 白金キャンパス本館3階1351教室
(JR山手線 「品川駅」 高輪口より 徒歩約17分、都営バス 6分、東京メトロ南北線、都営地下鉄三田線「白金台駅」2番出口より徒歩約7分)
[講師]小野田 榮 先生(神田外語大学教授)
[題目]「教材作成のポイントと難しさ」
[概要]このセミナーでは、皆さんと教材作成の重要なポイントと難しさについて、話し 合いをしながら検討していきたいと思います。特に皆さんが執筆者となった場合、どのような構成と内容にするかについて考察するとともに、具体的な教材を用いて分析を進め、日頃使用している教材の背後にある執筆者の教育的な配慮に迫りたいと考えています。
主な内容:
1. 教材作成の意義
2. 教科書のタスクのアレンジ
3. 教師の指導としての教材作成
4. 教育現場のジレンマ
OSM09100021.jpg

研究研修部会報告

LET関東支部 早期外国語教育研究研修部会について

外国語教育メディア学会(LET)関東支部・早期外国語教育研究部会では、 平成23年度の公立小学校外国語活動全面実施をふまえ、小学校での英語授業・英語活動に大切な視点について理論から考えると共に、 互いの意見・情報の交換ができればと、年間数回の研究会を開催しております。
 前回の研究会は、前々回に引き続き、原田哲男先生を囲んで子どもの言語習得について考えました。「小学生だからこそ養うことのできる力は何か?」、 「小学校段階だからこそ注意しなければならない指導のポイントは何か?」、 「学習者がintakeしやすいinputとはどのようなものか?」など、 参加者の「問い」をもとに会を進めていきました。
主 催:外国語教育メディア学会LET関東支部 早期外国語教育研究部会
日 時:平成23年1月8日(土)17:45-20:30(受付17:30~)   
場 所:成城ホール(砧区民会館)     
※小田急線「成城学園前駅」北口より徒歩3分、成城大学正門手前のローソン前にあります。
OSM11100002.jpg