特別研修会

LET関東支部 2014年度第1回特別研修会

日時: 2014年12月13日(土) 15:00~16:00
場所: 東洋大学白山キャンパス6号館1階 第3会議室
(都営地下鉄三田線「白山」駅徒歩5分,東京メトロ南北線「本駒込」駅徒歩5分,都営地下鉄三田線「千石」駅徒歩8分)
(第3会議室は,講師控室向かって右隣の部屋になります)
http://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.html
講師: 山村 公恵 先生 (東京大学大学院生)
発表題目: 科学英文執筆における妥協と断念の方略に関する考察
概要: 科学分野において研究成果を国際的に発表するためには、英語論文の執筆が必須であり、非英語母語話者の研究者には英文執筆指導が必要である。第二言語による英文執筆については、Hyland(2004)がgenre-based approachに基づくfeedbackの有効性を提唱している。しかし、科学分野を専門としない語学講師には、専門分野の知識の欠如や指導環境により、実践困難な場合がある。そこで、本研究では、科学分野が専門ではない語学講師が、科学英文執筆に対してgenre-based approachの観点からfeedbackを行う際の指導要点を、書き手の内観報告から特定することを試みた。日本語母語話者の理系大学院生に英作文課題を与え、作業の様子を録画し、刺激再生法を用いた面接、半構造化面接及び質問紙調査を行なった。刺激再生法を用いた面接の発話を書き起し、分類した結果、「妥協」及び「断念」と分類できる発話が抽出できた。これらの箇所が半構造化面接においても参加者に強固な記憶として残存していたことから、指導効果と学習効率が高い箇所であることが示唆された。科学分野を専門としない語学講師の場合、個々の書き手の執筆過程や方略を把握することで、genre-based approachに基づく執筆指導を補完できると考えられる。
icon_bl_06.png

特別研修部会

LET関東支部 2014年度第2回特別研修会

日時: 2015年2月14日(土) 15:00~16:00
場所: 東洋大学白山キャンパス6号館1階 第3会議室
(都営地下鉄三田線「白山」駅徒歩5分,東京メトロ南北線「本駒込」駅徒歩5分,都営地下鉄三田線「千石」駅徒歩8分)
(第3会議室は,講師控室向かって右隣の部屋になります)
http://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.html
講師: 田中 祥子 先生 (東京大学大学院生)
発表題目: 英語の重要性についての大学教員の認識の分析に関する一試案
概要: 本研究は,英語の重要性について大学英語教員にインタビューを行い,その結果を談話分析の手法を用いて分析したものである。先行研究では,同様のインタビューを日本人大学生に行い,英語が現代社会において重要だが,個人の生活においてはその必要性は低いという一見相反する認識を持つことが示された。そこで,今回の研究では,大学英語教員も大学生と同様の認識を持つのかどうかを探り,あわせて談話分析の有効性も検討してみたい。

icon_bl_05.png

特別研修会

LET関東支部 2014年度第3回特別研修会

日時: 2015年3月14日(土) 15:00~16:00
場所: 東洋大学白山キャンパス6号館1階 6103教室
(都営地下鉄三田線「白山」駅徒歩5分、東京メトロ南北線「本駒込」駅徒歩5分、都営地下鉄三田線「千石」駅徒歩8分)
http://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.html
http://www.toyo.ac.jp/room/index_j/c/hakusan/b/6/f/1F/
講師: 青田 庄真 氏 (東京大学大学院生)
発表題目: 戦後日本における英語教育の政策過程:イシュー・エリアの概観と歴史的要因の分析
概要:本研究の目的は、戦後日本の英語教育政策がどのような決定過程をもち、これまでどのような変化をたどってきたのかを明らかにすること、及び、その変化への影響要因について考察することである。そこで今回、公共政策学におけるイシュー・エリア・アプローチを用いて、質的・量的の両面における分析を行った。本発表では、その分析結果を踏まえ、英語教育というイシュー・エリアの構造的特徴に関して、フロアの方々と議論してみたい。

icon_bl_08.png